初めての婚活に不安はつきものを考えよう

コラム記事

初めての婚活に不安はつきものを考えよう

結婚したいけれど、なかなか出会うきっかけがないという人は、婚活を行うのが適しています。なんといっても結婚したい男女が集まってくる場ですので、最終的な目的が一致しているという時点で、成功する確率も上がってきます。

どんなことでも最初は付きまとうもの

記事のイメージ画像

人には防衛本能というものが備わっていますので、初めてのことや慣れないことをする時には、どうしても不安という感情が頭をもたげてきますが、それはごく自然なことです。婚活を始めるにあたって不安を感じているのであれば、周りの人たちも最初は同じように感じることがたくさんあったのだと考えるようにすることで、気持ちがずいぶんと楽になることでしょう。昨今の婚活は一人で行うのではなく、必ずサポートしてくれる人がいることを心に留め、気になることがあったらすぐに相談するのがいいでしょう。心の中にストレスを溜め込んだ状態では魅力的に見えませんし、素敵な人を引き寄せるパワーも発揮できなくなります。

最初の段階を乗り越えても次なるレベルで

初めて婚活をするとなった時には、婚活という行動そのものがよくわからないことが不安材料になっていることもあります。これは、繰り返しサービスを利用し、使いこなせるようになったり、スタッフとコミュニケーションを取ってさまざまな話をすることによって解消されていきます。これで、知らないことによって生じる不安は解消できるでしょう。あとは、自分と意気投合する相手を見つけるだけと、気持ちも軽くなるかもしれません。けれど、利用の仕方やスタッフにも慣れてきたころ、次なる障害が現れてきます。それは、なかなか相手が見つからない場合に起こる、焦りという名の不安で、これはかなり手ごわいといえます。

結論としては心配するのが当たり前

慣れないことだから、知らないことだからと不安を感じ、それを克服したと思ったら、今度は自分に合った人が見つからないという不安に苛まれることになるなど、婚活はまさにその渦中に放り込まれているようなものだと感じるかもしれません。けれど、極論でいえば、それが婚活だと言えるでしょう。これから長い人生を共に歩んでいく人が、活動を始めてすぐに見つかれば、それは奇跡に近いといえます。大多数の人は数か月、あるいは一年以上といった長い期間をかけて、ようやく相手を見つけることができるでしょう。その間に何度も不安に駆られるのは、いわば至極当たり前のことです。これを乗り越えることができ、継続した人にはきっと、赤い糸で結ばれた相手が見つかると思われます。

まとめ

人生を共に過ごす人を探すということに、不安を感じないことの方がおかしいと言えるのが婚活なのではないでしょうか。次々に現れる新たなハードルを乗り越えていった人だけが、婚活を成功させることができると思われます。

比較ページへのリンク画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました